本文へジャンプ

講座情報

2130
北陸地方の方言景観から見えてくるもの(講義・フィールドワーク)

 地域の生活語としての方言が全国的に衰退に向かっていると言われる中で、1980 年代頃から方言の現代的価値・役割の見直し、再評価が進むと同時に、生活語以外の部分での方言活用が全国的に増加しています。
 中でも、方言が文字で記された看板やキャッチコピー、方言ネーミングや方言グッズ等の方言景観が増加し、方言の見える化が進んできました。北陸地方も例外ではなく、以前に比べると様々なところで方言景観が見られるようになりました。
 この講座では、前半の講義で講師が近年、科学研究費を受けて調査・収集した北陸三県の方言景観の事例をもとに、三県の景観数の差異やそこで用いられる具体的方言形を紹介しながら、方言の見える化の意義や効果などについて考え、後半のフィールドワークでは、北陸新幹線開業前後から方言景観が増加した金沢市内でもとりわけ多く見られる近江町市場を巡りながら、方言景観の意義・効果を実感していただく機会としたいと思います。
「KUGS」マーク
開催日時 10月16日(土) 13:00~17:00
開催場所 サテライト・プラザ(金沢市西町三番丁16)
近江町市場(フィールドワーク)
受講対象 高校生から一般
受講料 一般 1,750円
高校生以下 700円
定員 10名
プログラム 13:00 ~ 15:00 講義:北陸地方の方言景観から見えてくるもの
15:30 ~ 17:00 フィールドワーク:近江町市場内の方言景観を巡る
講師 加藤 和夫 (金沢大学名誉教授)
申込み期限 2021/10/08
連絡事項等 ・フィールドワークに適した靴や服装でご参加ください。
・飲み物、天候によっては雨具等をお持ちください。

【KUGS高大接続プログラムのお申込みについて】
 この講座は、KUGS高大接続プログラム対象講座です。
 (受講対象:高校生等)
 本プログラムの対象講座として受講を希望する高校生等は、
 下記KUGS高大接続プログラムWebサイトからお申込みください。
 ※公開講座申込フォームからのお申込みは不要です。

 KUGS高大接続プログラムWebサイト
 https://www.kanazawa-u.ac.jp/examination/event/koudai

 ご不明な点等につきましては、金沢大学高大接続コア・センター
 までお問合せください。

 金沢大学高大接続コア・センター
 MAIL:kugspro@adm.kanazawa-u.ac.jp


申込受付は9月1日(水)からです。

お申込みはこちら

受講のご案内

ページの先頭へもどる