本文へジャンプ

講座情報

2126
スイス史再考 ー14世紀のはじめー

 これまでスイスの歴史は、互いに同盟を結び合った農民や市民が、領主であったハプスブルク家に対抗し、何度もこれを武力によって打ち破り、反ハプスブルク同盟ネットワークを拡大して自分たちの国家を築き上げていくという、わかりやすくドラマチックなストーリーとして語られてきました。しかし個々のプロセスにはまだまだ解明されていない点が多いのが現状です。
 この講座で取り上げるのは、スイス中央山岳地域の農民たちが初めてハプスブルク軍と戦ってこれを破った記念碑的な戦いとされるモルガルテンの戦い(1315年11月)です。勝利した農民たちは同盟を結び直して団結力を強め、その後の同盟ネットワーク拡大の礎を築いたとされています。
 ではいったい、モルガルテンの戦いはなぜ起こったのでしょうか。この講座では、現在スイスが誇る世界遺産の1つ、アインジーデルン修道院と農民たちの関係に焦点を当てながら、そのプロセスを追ってみたいと思います。
「KUGS」マーク
開催日時 10月2日(土) 13:30~16:45
開催場所 サテライト・プラザ(金沢市西町三番丁16)
受講対象 高校生から一般
受講料 一般 1,500円
高校生以下 600円
定員 30名
プログラム 13:30~15:00 モルガルテンの戦い:
         農民軍がハプスブルク軍に勝利した⁉
15:15~16:45 なぜモルガルテンの戦いは起こったのか:
         アインジーデルン修道院が農民たちを訴えた!
講師 田中 俊之 (人間社会研究域歴史言語文化学系 教授)
申込み期限 2021/09/27
連絡事項等 【KUGS高大接続プログラムのお申込みについて】
 この講座は、KUGS高大接続プログラム対象講座です。
 (受講対象:高校生等)
 本プログラムの対象講座として受講を希望する高校生等は、
 下記KUGS高大接続プログラムWebサイトからお申込みください。
 ※公開講座申込フォームからのお申込みは不要です。

 KUGS高大接続プログラムWebサイト
 https://kugspro.adm.kanazawa-u.ac.jp

 ご不明な点等につきましては、金沢大学高大接続コア・センター
 までお問合せください。

 金沢大学高大接続コア・センター
 MAIL:kugspro@adm.kanazawa-u.ac.jp


申込受付は9月1日(水)からです。

お申込みはこちら

受講のご案内

ページの先頭へもどる