本文へジャンプ

講座情報

2117
ハザードマップとフィールドワークで金沢の自然災害を学ぶ

 プレート境界に位置するため地殻変動が活発で、降水量も多い日本列島は、自然災害が多発する地域です。地震、火山噴火、大雨、土砂崩れ。いずれも自然災害の原因となります。しかし、これらの現象が発生する場所には地域性があり、どこでも平均的に発生するわけではありません。
 一方で、地震などの自然現象が発生すれば必ず災害になるというものでもありません。自然現象が発生した地域に住む住民が、どのように備え、いざという時にどのように行動したかによって、自然災害の規模や程度は大きく異なります。自然災害に備えるためには、自然現象そのものをよく理解することが大切です。この講座では、自然現象を知るための一つとして、ハザードマップを利用し、フィールドワークを行うことで、自然現象が起きやすい地域性について理解を深めたいと思います。
 自分が住む地域で、どのような現象が起きるかを理解しておくことは、災害に備える第一歩です。
講座を受けて,災害への備えを強くしてもらえればと思います。
「KUGS」マーク
開催日時 8月1日(日) 13:00~16:10
開催場所 サテライト・プラザ(金沢市西町三番丁16)とその周辺
受講対象 中学生、高校生
受講料 高校生以下 600円
定員 5名
プログラム
講師 青木 賢人(人間社会研究域人間科学系 准教授)ほか
申込み期限 2021/07/21
連絡事項等 ・講座の後半にフィールドワークを行いますので、それに適した靴や服装でご参加ください。
・飲み物、天候によっては雨具等をお持ちください。


【KUGS高大接続プログラムのお申込みについて】
 この講座は、KUGS高大接続プログラム対象講座です。
 (受講対象:高校生等)
 本プログラムの対象講座として受講を希望する高校生等は、
 下記KUGS高大接続プログラムWebサイトからお申込みください。
 ※公開講座申込フォームからのお申込みは不要です。

 KUGS高大接続プログラムWebサイト
 https://www.kanazawa-u.ac.jp/examination/event/koudai

 ご不明な点等につきましては、金沢大学高大接続コア・センター
 までお問合せください。

 金沢大学高大接続コア・センター
 MAIL:kugspro@adm.kanazawa-u.ac.jp


申込受付は4月1日(木)からです。

お申込みはこちら

受講のご案内

ページの先頭へもどる