本文へジャンプ

講座情報

2003
【再開】(日程変更)海外学術調査旅ノート
~さまざまな国のさまざまな暮らし,そして研究~

※新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止対策を実施した上で、本講座を実施します。
受講の際はマスクの着用をお願いいたします。また、37.5℃以上の発熱や、その他の体調不良がある方、罹患リスクの高い方は受講をお控えください。


 この講座では,環日本海域での環境問題の解決に日々とりくむ金沢大学環日本海域環境研究センターの若手スタッフが,海外学術調査などで訪れたさまざまな国や地域の自然や文化,ひとびとの暮らしを,それぞれの国が直面する環境保護問題の研究成果をまじえつつ紹介します。
 台湾は観光地としてよく知られたところですが,活発な地殻変動や台風などの激しい気候により,豪雨災害・土砂災害が多い地域のひとつです。モンゴルやチベット高原はうつくしい風景や特有の文化で有名ですが,社会経済の発展とともに環境汚染がめだつようになりました。また,ピザやハンバーガーといったファストフードが食卓を支配するアメリカでは、大量生産・大量消費(・大量廃棄)によって環境や人間への汚染を引き起こしています。
 これらの地域での環境研究の最先端を紹介しながら,調査の折々に触れることができた地域の風土やひとびとについて解説します。
「LIVE」マーク 「KUGS」マーク
開催日時 8月22日(土)~9月12日(土)
全2回 いずれも14:00~16:00
開催場所 サテライト・プラザ(金沢市西町三番丁16)
受講対象 高校生から一般
受講料 一般 2,000円
高校生以下 800円
定員 20名
プログラム ※講師の担当日が変更になっております。ご注意ください。(7/27更新)
8/22(土) アメリカの消費社会と人間への健康リスク 
     本田 匡人(環日本海域環境研究センター 助教)
     モンゴルの四季と環境汚染
     福士 圭介(環日本海域環境研究センター 教授)
    
9/12(土)台湾の自然・文化と土砂災害 
     落合 伸也(環日本海域環境研究センター 助教)
    高山湖の環境変化とチベット族の生活
     松中 哲也(環日本海域環境研究センター 助教)
講師 福士 圭介 (環日本海域環境研究センター 教授)ほか
申込み期限 2020/08/14
連絡事項等 【分割受講について】
 この講座は分割受講が可能です。(複数回受講可)
 受講料:1回1,000円(高校生400円)
 申込方法:講座申込フォームよりお申込みの上,電話または
      メールで受講希望回の日程をお伝えください。
 連絡先:TEL 076-264-5272・5273
     MAIL manabi@adm.kanazawa-u.ac.jp


【KUGS高大接続プログラムのお申込みについて】
 この講座は,KUGS高大接続プログラム対象講座です。
 (受講対象:高校生等)
 本プログラムの対象講座として受講を希望する高校生等は,
 下記KUGS高大接続プログラムWebサイトからお申込みください。
 ※公開講座申込フォームからのお申込みは不要です。

 KUGS高大接続プログラムWebサイト
 https://www.kanazawa-u.ac.jp/examination/event/koudai
 
 KUGS高大接続プログラム対象の公開講座については,
 高校生の受講機会の確保の観点から、後日KUGS Web
 セミナーとして配信を行います。
 高校生の方は,ぜひWebセミナーをご活用ください。

 ご不明な点等につきましては,金沢大学高大接続コア・センター
 までお問合せください。

 金沢大学高大接続コア・センター
 TEL:076-264-6082
 MAIL:kugspro@adm.kanazawa-u.ac.jp


申込受付は6月18日(木)からです。

お申込みはこちら

受講のご案内

ページの先頭へもどる