本文へジャンプ

講座情報

3207
天皇陵の幕末維新

今回、大阪府の大山古墳(伝・仁徳天皇陵)等が世界文化遺産に登録されました。
しかし、考古学・日本史学の研究者から問題も指摘されています。一体どこに問題があるのでしょうか。また、天皇陵は古代から変わらずに存在し続けていたのでしょうか。実はそうではありません。この講演では、幕末維新期の天皇陵の変容や、そこからみえる庶民の天皇観をご紹介します。
開催日時 1月26日(日)14:00~15:30   
開催場所 金沢大学サテライト・プラザ
受講対象 一般
受講料 無料
定員
プログラム 今回、大阪府の大山古墳(伝・仁徳天皇陵)等が世界文化遺産に登録されました。しかし、天皇陵は古代から変わらずに存在し続けていたのでしょうか。この講演では、幕末維新期の天皇陵の変容をご紹介します。
講師 上田 長生(金沢大学人間社会研究域歴史言語文化学系 准教授)
申込み期限
連絡事項等

お申込みはこちら

受講のご案内

ページの先頭へもどる