本文へジャンプ

講座情報

1933
顕微鏡で観る生命

 わたしたちの身体は、細胞を基本単位として構成されています。その数はじつに37兆個。そしてその細胞の内外には、まさに無数の分子が存在し、それぞれが役割を果たして多様で複雑な生命現象を生み出しています。生命の誕生や成長、疾患や老化などが起こるのも、この無数の分子の動きや相互作用、つまり、細胞の働きによるものです。なぜ命が生まれ、育つのか。なぜ病にかかるのか。なぜ老いて死んでいくのか。こうした問いに答える鍵は、細胞の働きのなかに隠されていると言えるでしょう。
 今、金沢大学ナノ生命科学研究所の研究者たちは、さまざまな方法でこの鍵にアプローチしています。この講座では、最先端の研究を進める世界トップクラスの研究者自身が、それぞれどのようにこの鍵にアプローチし、どのような生命現象の謎に迫り、どこまでその謎を解いたのかを、最新の研究成果に基づいてお話しします。
小松⇔金沢双方向Live中継 珠洲⇔金沢双方向Live中継
開催日時 12月8日(日)~12月22日(日)
全3回 いずれも13:00~14:30
開催場所 サテライト・プラザ(金沢市西町三番丁16)
受講対象 高校生から一般
受講料 一般 2,250円
高校生以下 900円
定員 40名
プログラム 12/8(日)「働く生体分子の形と動き」を観る
      古寺 哲幸(ナノ生命科学研究所 教授)
12/15(日)「細胞の死とその異常」を観る
      華山 力成(ナノ生命科学研究所 教授)
12/22(日)「がん無限増殖とその生体分子」を観る
      松本 邦夫(ナノ生命科学研究所 教授)
講師 福間 剛士(ナノ生命科学研究所 所長)ほか
申込み期限 2019/11/29
連絡事項等 申込受付は8月1日(木)からです。

お申込みはこちら

受講のご案内

ページの先頭へもどる