本文へジャンプ

講座情報

1916
親子で楽しむハーブの世界in薬用植物園
(小学校高学年対象)

 皆さんは「ハーブ」って何かわかりますか? 
 日本で知られている「ハーブ」,ハッカやタイムなどは,日本語で「薬草,薬用植物」が近い訳語です。「薬」は使用方法により私達の体に何らかの影響を与えるものですから「ハーブ」にも用法・用量があるのです。
 金沢大学の薬用植物園は,研究や教育のために多くのハーブが栽培されています。この講座では,薬用植物園の中に入って専門家の指導のもと,ハーブに実際に触れてみましょう。続いて,気に入ったハーブを使用して「ハーバリウム」(鑑賞目的のガラス瓶入りの植物標本)作りと「草木染め」を体験します。高学年の皆さんが自分の力で製作できる内容です。
開催日時 7月27日(土) 13:00~16:00
開催場所 附属薬用植物園(角間キャンパス)
受講対象 小学4年生から6年生、その保護者
受講料 一般 1,500円
高校生以下 600円
定員 15名
プログラム
講師 安藤 広和(医薬保健研究域薬学系 助教)ほか
申込み期限 2019/07/19
連絡事項等 ・当日,材料費(ハーバリウム,草木染)として800円(1人)徴収します。
・薬用植物園でハーブ観察を行いますので,適した服装でご参加ください。
・軍手,エプロン(あれば)をお持ちください。
・雨天時はすべて室内で実施します。
・親子での参加,子どもだけの参加ともに可能です。
・親子で参加される場合にはお1人ずつお申込みください。

申込受付は4月1日(月)からです。

お申込みはこちら

受講のご案内

ページの先頭へもどる