本文へジャンプ

講座情報

1912
モザイク画の制作

ローマ時代やビザンチン様式のモザイク画技法を学び,模写,オリジナル作品の制作をします。イタリア産や国産の大理石を小さくカットし,テッセラというモザイク画のピースになる石を漆喰で組み上げて,作品を仕上げます。また,ズマルトという焼成した色ガラスも小さくカットし,テッセラとして用います。初めての方には,モザイク画用のパネル作りから道具の使い方まで指導します。

※この講座は講座番号1911「フレスコ壁画の制作」と同時に行います。
開催日時 7月13日(土)~7月15日(月・祝)
全3回 いずれも10:30~16:30
開催場所 人間社会4号館1階・造形講義室(角間キャンパス)
受講対象 高校生から一般
受講料 一般 7,500円
高校生以下 3,000円
定員 10名
プログラム 7/13(土) ・ モザイク画の概説
      ・ パネルの作製,下絵の準備
      ・ 大理石,ズマルトのカット
7/14(日) ・ 図版転写
      ・ 組み上げ制作 (1/2)
      ・ 大理石,ズマルトのカット
7/15(月・祝)・組み上げ(2/2)
講師 大村 雅章(人間社会研究域学校教育系 教授)
申込み期限 2019/07/05
連絡事項等 ・初回に,顔料,パネル,漆喰の経費として3,000円徴収します。
・ 作業着,鉛筆,消しゴム,定規,カッター,水彩用パレットまたは絵皿,筆,水入れ,モザイク用ハンマー(お持ちの方)をお持ちください。

申込受付は4月1日(月)からです。

お申込みはこちら

受講のご案内

ページの先頭へもどる