本文へジャンプ

講座情報

1721 誰かに話したくなる「石」のひみつ ~石川県の岩石・鉱物・化石とひすい(翡翠)~

 2016年5月,日本地質学会が,石川県の石として「珪藻土(けいそうど・岩石)」,「霰石(あられいし・鉱物)」,「大桑層の前期更新世化石群(化石)」を選定しました。同じく9月には,日本鉱物科学会が,日本の石に「翡翠(ひすい)」を選定しました。また,2016年4月には小松市の「石の文化」が日本遺産に認定されています。これらの「石」は,地球の長い歴史の中で形成され,日本や石川の豊かな文化形成にも大きく関係してきました。
 この講座では,火山大国ニッポンや石川県にまつわる様々な「石」と,それらにまつわるエピソードを紹介・解説するとともに,石と共に形成されてきた日本,石川県の風土との関係を眺めてみます。
小松⇔金沢双方向Live中継 珠洲⇔金沢双方向Live中継
開催日時 10/15(日),10/22(日) 全2回
いずれも14:00~15:30
開催場所 サテライト・プラザ(金沢市西町三番丁16)
受講対象 高校生から一般
受講料 一般 1,500円
高校生以下 600円
定員 30名
プログラム 10/15(日) 石川県の岩石・鉱物・化石
       ~石川県に残された地球史解読のヒント~

10/22(日) 日本の石、翡翠
       ~翡翠は日本列島の地下深くで作られている!?~


講師 森下 知晃(理工研究域自然システム学系 教授)
申込み期限 2017/10/06
連絡事項等 ・申込受付は8月1日(火)からです。

お申込みはこちら

受講のご案内

ページの先頭へもどる