本文へジャンプ

講座情報

1703
がん研究の最前線

 近年の生命科学領域におかえる目覚ましい技術革新によって,がんの遺伝子情報が明らかにされ,それにともなってがん研究も日進月歩で発展しています。最新のがん研究によって明らかにされた研究成果は,新しいがんの診断や治療を目指した応用研究へと進められ,新規抗がん剤の開発やそれを用いた治療が期待されています。
 この公開講座では,金沢大学がん進展制御研究所で行われているがん研究の中から,がんの根幹となる「がん幹細胞」,がんを促進する「微小環境」,がんの治療方法などの話を中心に,最新の基礎研究の成果や,それに基づいた分子標的薬や臨床応用研究の可能性について,わかりやすく紹介します。それにより,がん研究による最新の知見と,今後のがんの予防・治療の期待について知って頂く機会を提供したいと思います。
小松⇔金沢双方向Live中継 珠洲⇔金沢双方向Live中継
開催日時 5/13(土),5/20(土)
5/27(土),6/3(土)
6/10(土),6/17(土)全6回
いずれも14:00~15:30
開催場所 サテライトプラザ(金沢市西町三番丁16)
受講対象 一般
受講料 一般 4,500円
定員 20名
プログラム 5/13(土)炎症が促進する発がん
     大島 正伸(がん進展制御研究所 教授)

5/20(土)がんと免疫応答
     向田 直史(がん進展制御研究所 教授)

5/27(土)オートファジーとがん治療
     堂本 貴寛(がん進展制御研究所 助教)

6/3(土) 細胞死からの生命探究
     須田 貴司(がん進展制御研究所 教授)

6/10(土)がんの性質にもとづく新しい治療法
      -消化器がん,難治がんと希少がんへの取組み―
     源 利成(がん進展制御研究所 教授)

6/17(土)がんと幹細胞の関係
     平尾 敦(がん進展制御研究所 教授)
講師 大島 正伸(がん進展制御研究所 教授)ほか
申込み期限 2017/05/02
連絡事項等 ・申込受付は4月3日(月)からです。

お申込みはこちら

受講のご案内

ページの先頭へもどる